壁面緑化【登坂型】

壁面緑化・屋上緑化など、デザイン性の高いガーデン・プランニングを行う「石原和幸デザイン研究所」が、壁面緑化の種類・工法のひとつ「登坂型(とはんがた)」について紹介します。

登坂型の概要

登坂型の概要

最も古くから壁面緑化で使われる工法で、ツル性植物を壁面を登らせるように生育させます。植物を直接壁面に這わせる方法と、ワイヤーやメッシュを設置して這わせる方法があります。基本的に植栽される植物は、苗から植えられるため、ある程度の高さや幅をもたせるにはそれなりの時間がかかりますが、低コストで導入できるメリットをもっています。

デザイン性 ×:デザイン性はそれほど高くありません
即効性 ×:植物の生育には数年かかることや、途中で生育が止まってしまうことなどもあります
コスト ○:初期コストとしては、設備費も植物代も安いです
メンテナンス ○:基本的な水やりのみで大丈夫です
おすすめ植物 アイビー・オオイタビ・ヘデラ・アサガオ・ニガウリ・ヘチマなど
>> 植物の詳細はこちらへ
設置
環境
日照 △:必要です
壁面強度 △:補助材を使う場合は、ワイヤーなどを張れる程度の強度が必要です
水漏れ対策 ○:問題ありません
おすすめの場所 公共施設(景観性より、面積や機能性を求められることが多いです)
そのほか