• Home
  • 緑化の基礎知識

壁面緑化・屋上緑化のメリット

壁面緑化・屋上緑化など、デザイン性の高いガーデン・プランニングを行う「石原和幸デザイン研究所」が、ヒートアイランド現象の抑制効果などをもっている緑化のメリットなどを紹介します。

緑の空間演出

緑の空間演出

各種公共施設や商業施設、オフィスビルなどの壁面や屋上を利用した壁面緑化や屋上緑化。無機質だったスペースに緑を施すことで、都会のオアシス的な機能をもたせ、リフレッシュ空間や人が集う場所を生みだすことができます。デザイン性豊かに植物をレイアウトすれば、話題性や宣伝効果も高まり、集客効果も期待できるメリットをもっています。

ヒートアイランド現象の緩和

ヒートアイランド現象の緩和

都市の中心部の気温が郊外に比べ島状に高くなるのがヒートアイランド現象。この要因のひとつは地表面のコンクリート化などです。東京などの大都市の平均気温は、この100 年あたりで 2.2℃~3.0℃も上昇しています。植物の蒸散作用は、気温を下げる効果があるので、壁面緑化や屋上緑化を施すことで、ヒートアイランド現象を緩和することができるのです。

地球にやさしい省エネルギー効果

地球にやさしい省エネルギー効果

壁面緑化や屋上緑化は、植物の光合成により二酸化炭素を酸素に変えて、地球にやさしい環境をつくるだけでなく、建築物への直射日光も遮ります。この断熱効果により、建物内の室温を下げ、空調設備の省エネルギー化に役立ちます。夏場とは逆に、冬場には室温を外に逃がさないという保温効果ももっています。

自然に触れ合いリラックス

自然に触れ合いリラックス

緑を眺めたり、緑に包まれたりすることは、精神の安定や肉体疲労の回復、ストレス解消などの効果があるといわれます。森林浴がその例で、心がスーッと軽くなるような感覚がありますよね。規模にもよりますが、壁面緑化や屋上緑化にもそのような効果が期待できます。また、都会に自然を呼び戻し、生物観察や体験学習、環境学習の場を創出することなども可能です。

緑が建築物を保護し防火性も備わる

緑が建築物を保護し防火性も備わる

建物の外壁部分にあたるコンクリートは、雨や太陽光などに直接さらされると、膨張や縮小などを繰り返し、ヒビ割れなどの劣化スピードが増す傾向があります。壁面や屋上に緑を施すことにより、酸性雨や紫外線、太陽光などを防ぎ、建物の劣化予防につながります。生木には強い耐火性もあるので、防火や延焼防止などのはたらきも期待できます。

壁面緑化の工法について

壁面緑化の工法について

登坂型や下垂型、ユニット型、キャンバス型など、さまざまな特徴をもった壁面緑化の工法を紹介します。
>> 壁面緑化の工法について

屋上緑化の工法について

屋上緑化の工法について

芝を敷いたような表層緑化や簡易緑化、本格緑化などさまざまな特徴をもった屋上緑化の工法を紹介します。
>> 屋上緑化の工法について

美しく長持ちさせるポイント

美しく長持ちさせるポイント

壁面緑化や屋上緑化を美しく保ち、長持ちさせるための日頃から簡単にできるメンテナンスの基礎知識を紹介します。
>> 美しく長持ちさせるポイント